香港上海銀行に口座開設がベストか?


香港上海銀行での口座開設がベストなのかという疑問があると思いますが、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、香港上海銀行について次のように書かれています。
香港上海銀行(ほんこんしゃんはいぎんこう, The Hongkong and Shanghai Banking Corporation Limited)は、香港最大の銀行である。略称は英語でHSBC、中国語で?豐(「匯豊銀行」ではない、中国語の正式名が「香港上海?豐銀行有限公司」のため)。香港ドル発券銀行の一つ(「香港上海銀行」ブランドで発行)。1991年に、HSBCグループの持ち株会社としてHSBCホールディングスがロンドンで設立された。それに伴い、香港上海銀行は、同グループのアジア太平洋における中核子会社となった。

現在、HSBCグループは、ロンドン、香港、ニューヨーク、パリ、バミューダの証券取引所に上場する。時価総額規模では、アメリカのシティグループ、バンク・オブ・アメリカに次ぎ世界第3位(ヨーロッパでは第1位)。2006年半ばの業績発表で総資産ではシティグループを抜いて世界最大になった。ヨーロッパとアジア太平洋地域、アメリカを中心に世界76ヶ国に約10,000の支店網を持っている。

このように、香港上海銀行は世界中に拠点を持つ世界最大級の銀行金融グループです。日本人にとっては距離的にも身近にあり海外投資の拠点とするには、もっとも安心安全な金融機関であることはいうまでもありません。

▼香港上海銀行の口座開設の表面的なメリット
香港上海銀行の国際的な信用度は、日本の大手銀行を遥かに凌ぐ格付けがされており安全面では世界でトップクラスです。また、日本の銀行にはない本来の総合金融サービス業としての商品やサービスの充実ぶりも目を見張ります。有利なファンドに投資をしたり様々な通貨で外貨預金を行うことが出来ます。また、世界最大規模の国際ネットワークをもっています。インターネットバンクにも早くから取り組んでいるため操作性も優れています。ペイオフ対策としての資産の分散を目的として…海外の株式投資のハブ金融機関として…海外移住のためのステップとして… 香港上海銀行に口座開設すれば、様々な目的のどなたにでも満足のいくサービスが得られるはずです。いつ吹き飛ぶかわからないオフショアの金融機関とは違って、しっかりと「実態」を伴っているのが大きな特徴です。

▼香港上海銀行の口座開設の実質的なメリット
上記が市販の書籍やホームページで言われている香港上海銀行の口座開設のメリットです。しかし、こういった表面的なメリット以上に大きいのは、郵便局やPLUSのついたATMで日本円で引き出すことが可能(もちろん手数料はかかりますが)ということです。いやになったり、必要なときには手数料さえ払えば、郵便局のATMで引き出すことが出来る。これほどの安心感はありません。相続の際にもこのメリットはいかされるでしょう。

香港に行かずに日本にいながら口座開設するならこちら≫

香港に行かずに日本にいながら口座開設するならこちら
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44626144

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。